敏感肌のための洗顔・クレンジング

敏感肌の場合、洗顔で汚れと一緒に必要以上の皮脂を洗い流すことは良くありません。もちろん、強く肌をこすることもしてはいけません。いずれも肌に刺激を与えてしまい敏感肌の症状が悪化します。敏感肌用洗顔料としては、合成添加物を含まない無添加商品を選びます。

また、せっけんにはオイルが必須ですが、動物性のオイルは刺激が植物性より強いので避けましょう。洗顔方法は、手で十分に泡立てて、洗うときは優しく洗顔しますm。回数は、1日に2回くらいが適当です。

次に、敏感肌の人がメイクを落とすクレンジングの方法です。クレンジングはメイクの油汚れを落とす必要性があることから、洗浄力を強くするために強い界面活性剤と油分が含まれています。界面活性剤は肌に浸透して敏感肌を刺激します。そこで、クレンジングを選ぶならクリームタイプがお勧めです。クリームタイプのクレンジングは、他のタイプよりも界面活性剤の量が適度です。

しかし、界面活性剤は少量でも敏感肌を刺激するので、クレンジングの使用は優しく、そしてできるだけ短時間に済ませるようにします。尚、メイクをしていないのにクレンジングしたり、クレンジングを1回以上することは良くありません。

Copyright© 敏感肌対策と敏感肌用化粧品について All Rights Reserved.