敏感肌とはどんな状態の肌?

敏感肌は、肌の防御(バリア)機能が弱まっている状態なので、乾燥肌に近い状態、または乾燥肌が更に悪化した状態ということができます。

乾燥肌になると、肌の水分、皮脂が失われて、外部からの刺激に対する防御(バリア)機能が弱くなります。従って、敏感肌の一部は、乾燥肌を治すことで治ることもあります。敏感肌対策としては、最低限、常に乾燥肌を意識して乾燥肌にならないようにする必要があります。

乾燥肌でなくなっても敏感肌が続く場合は、更に一歩進めて、肌への栄養を十分に運べるように血行を良くする、肌の基底細胞という細胞を活性化するような栄養成分を摂取することで敏感肌を克服することが可能になっていきます。時間がかかるので、敏感肌に良い良質のクレンジング、化粧水、美容液などを使って肌に刺激を与えないようにしながら、十分な保湿を心がけます。そして、並行して敏感肌脱却対策を行っていきます。

敏感肌対策に効果がある栄養成分としては、ビタミンBやビタミンBの一種であるビオチン、ビタミンE、亜鉛などがあります。もちろん、その前提としてバランスの良い食事を規則正しく摂取すること、そして適度な運動、十分な睡眠をとることも重要です。

Copyright© 敏感肌対策と敏感肌用化粧品について All Rights Reserved.